研究所の運営

 
 
エヴァ・シュルツェ(社会学博士)
有限会社BISベルリン社会調査研究所の代表取締役兼研究所長
eメール: Diese E-Mail-Adresse ist vor Spambots geschützt! Zur Anzeige muss JavaScript eingeschaltet sein!

専門分野:
家族とジェンダーの社会学、老年学、技術影響調査

任務/所属委員会等:
  • ベルリン1945婦人連盟理事
  • ドイツ連邦政府貧困・富裕報告書作成委員会
  • ドイツ連邦家族・高齢者・婦人・青少年省モデル事業「老齢期の生活の質を向上させるための新しい住まい方の提言と連携」委員会
  • 「ベルリンの女性」報告書編集委員会
  • ベルリン婦人連盟設立メンバー
  • • エール大学社会学部CICQLE研究員


研究職歴:

  • 2009年より、ヴェヒタ大学加齢と性センター客員教授(www.zag.uni-vechta.de)
  • 1993年より、ベルリン社会調査および社会学的実践研究所の理事長兼研究所長
  • 1995年より、有限会社BISベルリン社会調査研究所の代表取締役兼研究所長
  • 1982~1993年、「家庭と技術」調査研究所長
  • 社会における家庭と女性の立場の変遷、家庭と職業の両立、女性とキャリア、新しいライフスタイル、老年学、技術進歩、家事労働の歴史、新連邦州(旧東独)における社会変動過程など多岐にわたる定性調査および定量調査プロジェクト約30件を主導。


経歴:
 
学歴:
1968 - 1974 ミュンヘン造形芸術アカデミーにてインテリアデザインを専攻
1974 インテリアデザイナー資格取得
1975 - 1979 ミュンヘン・ルードヴィヒ・マクシミリアン大学およびベルリン自由大学にて社会学・政治学・心理学・史学を修める
1979 ベルリン自由大学にて社会学修士号取得
1988 ベルリン工科大学社会学博士号取得
職歴:
1980 - 1981 ベルリン未来研究所研究員
1981 - 1987 未来研究および技術評価研究所研究員
1982 - 1993 「家庭と技術」調査研究所長
seit 1993 ベルリン社会調査および社会学的実践研究所の理事長兼研究所長
seit 1995 有限会社BISベルリン社会調査研究所の代表取締役兼研究所長
社会における家庭と女性の立場の変化、家庭と職業の両立、女性とキャリア、新しいライフスタイル、老年学、技術進歩、家事労働の歴史、新連邦州(旧東独)における転換過程など多岐にわたる定性調査および定量調査プロジェクト約30件を主導。
2009 - 2010 客員教授


 

デトレフ・エスターライヒ(博士)
社長代理兼研究所長代理
eメール: Diese E-Mail-Adresse ist vor Spambots geschützt! Zur Anzeige muss JavaScript eingeschaltet sein!